二束三文

イメージ画像

私は恥ずかしながら、高校生まで「認印」と「三文判」は全く違うものだと思っていました。
実家を出て一人暮らしをして初めて同じものだと分かりました。

では何故「三文判」と呼ぶのか調べた時がありました。
今では一番身近な印鑑として大切に作られていますが、
昔は「認印」はとても安っぽく作られていて、
「二束三文」という言葉からきていることが分かりました。

今は「認印」を使用する頻度がかなり高いと思います。
たとえば、銀行の口座を開くときの印鑑も認印。
書留や小包、宅急便などの受け取りにも認印を使用します。
今では100円ショップでも売られるようになった「認印」ですが、
何でもかんでも同じ認印をポンポン押すのは危険だと思います。
もし銀行印として使用した印鑑を紛失してしまった場合、
銀行へ出向き、印鑑の変更をしなければならないし、
その印鑑が盗まれてしまった場合、悪用されてしまう可能性もあるからです。

やはり認印は一つではなく、「大切な重要書類に使用するための認印」、
「契約書などに使用するための認印」、「一般的に使用する認印」など、
区別して利用するべきだと私は思います。

私はどの認印がどの書類に使用したか、分かるように区別しています。
以前、どれがどれだか分からなくなってしまったことがあるからです。
あの時は大切な書類に使用した認印を探していたので、本当に焦りました。

そうならないためにも、一つ一つ区別し、大切に保管しなければならないと思います。



ブックマークサイト

印鑑の便利サイトのご紹介です。
実印登録・印鑑証明の発行の仕方はこちらのサイトをご参考に!

このページの先頭へ